不動産会社を選ぶ

会社による不動産営業

不動産営業に関する情報

不動産会社の営業担当

最近は、結婚年齢が高くなっていますよね。そうなると新居などの不動産の購入ローンを組むにも「フラット35」では返済期間は75歳までだから、年齢から何年ローンを組めて、実際に定年後の事も考えると毎月にいくらローンを返せるか心配で二の足を踏んでしまいます。でも、ネット検索すると、エリア別に仲介手数料割引サービスを行っている不会社もあります。そういう会社の営業担当の方はフリーランスで仕事をしているのですが、とても地域に密着した情報を持っています。新居の住宅がプロパンガスなら、引っ越す前に地域のガス配給会社を自由に選べて、ガス代を安く抑えられる様に交渉する事が出来るんです。物件の購入時には不動産会社選びも重要になります。

オフィスにピッタリのパーテーションをお探しなら、このサイトで見つかるかもしれません。
予算や使用目的に合ったものをデザインしてくれるようです。

賃貸のお仕事における営業

賃貸不動産の営業は、大別すると、賃貸マンション等の募集広告業務・お客様からの問合せ対応業務・お客様の案内業務・予約や契約業務になります。そして、この業務で一番大切なのは、お客様からの問合せの対応をスムーズに行い、案内を行うことができるか、ということです。不動産の営業である以上、お客様に賃貸マンション等の商品を実際に見学をしてもらうことは必要不可欠な業務です。更に、お客様から賃貸マンション等のご予約を頂き、仲介手数料を頂くことができるかということです。つまり、募集広告業務・予約や契約業務は、その店舗やチームでの対応が可能です。しかし、お客様への対応は個人で行うため、不動産の営業には、他の業種の営業と同様に接客スキルも必要になります。